マッチドットコムでできた彼氏

マッチドットコムで作った彼氏と交際を始めてからもう数年が経過します。
マッチドットコムを利用したきっかけは、以前に交際をしていた男性と別れたために寂しく、寂しさを埋めたいとアクセスしたのが最初でした。
最初はトップページのみを見て、登録作業はまた今度にしようと後回しをしていました。
その後、数週間後に暇だったので再びアクセスをして登録作業をしました。
男性からアプローチは沢山されるのですが、以前の彼氏のように夢中になれそうな男性は見当たりませんでした。
まずは、メールでお互いを知り合ってからそこから愛を育もうとなるべく色々な男性とメールを交わしました。
出会おう、と言われれば応じて出会ったものの、なんだか違うなあ、と相性の悪さを感じることもありました。
そんな日々が続いていた中、この人ならば愛せるかも、という異性に出会いました。
26歳の健康的な男性であり、学生時代からずっと運動をしており、現在もジョギングと筋力トレーニングをしているというたくましい人です。
地味で貧弱な私はその男性のパワーを分けて欲しいといった動機で交際を開始しました。
その男性と食事をした際に、男性が肉ばかりを食べているのでパワフルであると感心をしました。
この人と一緒にいれば私も失恋を忘れて元気になれる、そう確信をしました。
最初は、すぐに自然消滅をするだろうなと思われた男性との交際でしたが、現在まで仲が続いているので人生何があるか分かりません。

LINEツムツムにはまり続ける毎日

ある日、友達のゲームを知らせるタイムラインを見て即インストールしました。

LINEツムツムがリリースされて2、3日後ほどでゲームの存在に気がづき、それからほぼ毎日遊んでいます。
何しろオープニング画面、TOP画面の可愛さに心奪われ、どんどんのめりこんでいきました。

何しろ、隣り合っていないように見えるツム同士が、実は消せるような距離にあって消せたり、たくさん繋いで消すとボムが出たり大きなツムになったりするのがまたとっても可愛くて、ただただハートの無駄遣いをしないように必死にゲームして遊んでいます。

ツムのコロコロとした感じ、弾むような見た目とマシュマロのようなわらかそうなキャラクター設定が本当に可愛いです。
特に私の中ではマリーちゃんが可愛くてお気に入りです。

レベルが上がるとどんどん特典も出せるようになり、ランキング上位を出来るだけ狙っています。
また、ツムのスキルもそれぞれ全然違うので、新しいツムをゲットしたらとりあえずは数回どんなスキルなのか使ってみたくなるし、アイテムも豊富なので時間が経つのを忘れてしまうような感覚になります。

ツムツムだけではなく、ほかの色んなゲームもツムバージョンがあったらいいななんて思いながら遊んでいます。毎日出されるミッションも、クリアしてしまわないと気になるし、遊ばないではいられない衝動に駆られています。

本当に楽しいゲームです。もっともっとアイテムが出たりツムが増えるような気がするので、もっともっとやりこみたいと思います。

シリーズの最高傑作となった聖剣伝説3。

ロールプレイングゲームの中でも「名作」と評価されている聖剣伝説シリーズですが、私はその中でも聖剣伝説3が好きです。聖剣伝説3では、過去作の良かったところを引き継ぎつつも、新しい要素が追加されていて、より楽しめるロールプレイングゲームとして進化していました。

私はゲームが好きで、特にロールプレングゲームをたくさんプレイしてきましたが、聖剣伝説シリーズは間違いなくゲーム史の残るシリーズだと思っています。聖剣伝説シリーズが発売されていた当時はスクエア全盛期でもあり、ファイナル・ファンタジーはもちろん、ロマンシング・サガシリーズなど素晴らしい作品を発表していました。

聖剣伝説3では、6人のキャラクターから自分で主人公を選ぶことができるのが魅力です。最低でも6回はゲームを楽しむことができます。私はすべてのキャラクターのシナリオを攻略するために、ゲームに熱中したことを覚えています。
どの主人公でスタートしても、2人までは自由に仲間にすることができるので、自分だけのパーティーを作れるというのも長い時間遊べる要因のひとつでした。

そして、この作品で大きな魅力的要素となっていたのは、レベルを上げることでクラスチェンジが出来るという点です。スクエア御得意のジョブチェンジシステムが聖剣伝説3にも採用されており、好きなようにキャラクターを成長させることが出来るようになりました。クラスによってキャラのビジュアルも変化し、パーティーのチーム編成やバランスを考えたりする楽しみが増えました。良かったところは引き継ぎ、さらに進化させた聖剣伝説3は、過去作を超えた名作になったと思っています。

マルチプレイでワイワイ楽しめるモンスト

リアルタイムで一緒に遊ぶということがなかなか難しかったスマートフォンでの強力プレイですが、モンスターストライクではこのマルチプレイで遊べるということで非常に楽しいゲームになっています。
ピンボールみたいにフリックではじいてモンスターを倒すという内容です。球を飛ばして遊ぶシンプル性で気軽に遊べる。連続ヒットを狙って角度を考える直感操作で遊べるので集中してもしなくても、年齢問わず遊べるゲームシステムなので子供からファミコンで育った大人世代まで気軽に楽しめるゲーム性です。

シングルでも遊ぶことが出来るのですが、なんといっても一緒に遊べるということがこのゲームの魅力目一杯引き出してくれているという点は外せません。スコアアタックに挑戦できるこのゲームではうまくなればなるほど誰かと競いあいたくなるゲームで、友人と遊ぶ時には対戦ゲームとしてかなり重宝します。
マルチを推奨しているので専用クエストがあったりと一緒に遊びたくなるシステムが組まれているので楽しめる要素があります。大きなコンボを狙っていくには強力プレイが必要不可欠ですし、実はアイテム出現もマルチの方が多いです。

Bluetoothでマルチプレイで遊ぶので、一人で遊ぶということが多かったゲームに外や居間に集まって遊ぶという感覚が復活しました。
それに加えて、デッキ構成で進めるという戦略もあるのでステージによって使い分けていく事や育てるという点で続けやすくなっている点も嬉しいです。
その部分を加えるとバリエーションが豊富で楽しめます。珍しいアドホックのゲームなのでワイワイ顔を合わせて遊ぶゲームでモンストはみんなで盛り上がるにはもってこいのゲームです。

クラッシュオブクランの魅力

まず、私がクラッシュオブクランを知ったのはパズル&ドラゴンとのコラボレーション企画があったからです。

いろいろスマートフォンのアプリでシュミレーションゲームをプレイしてきましたが、これほど長くプレイするものはありませんでした。

まずタイトル画面のキャラクターに惹かれました。

人間ぽいキャラクターたちはよく見ると手の指が四本しかなかったり、ゲーム中倒されるとエリクサーとなって回収できたり、キャラクターもゲームのシステムもよくできたゲームだと思います。

まずチュートリアルから始まった時、ちょっとめんどくさいゲームかと思いましたが、チュートリアルも短くすぐ本編を始められて良いです。

村をだんだんと大きくしていくために資金やエリクサーが必要なので、どんどん他のプレイヤーの村を物色して弱そうな村で略奪しています。

逆に自分の村もしっかり作りこんでおかないとシールドが切れるたびに自分より強いプレイヤーに貯め込んだ資金やエリクサーを盗まれるのでガッカリします。

しかし襲ってきたプレイヤーの村を逆に襲ってリベンジもできるのでおもしろいです。他の攻略サイトや、世界のプレイヤーたちの村の様子を見てどういう風に村の設備を配置していこうか考えるのがまた楽しいです。

どんどんアップデートもされてシステムもよくなって、遊びやすくなっているのでこれからも続けてプレイしてリーグの上位ランキングに名前が残るよう頑張りたいと思います。

ブレイブフロンティア「プレイ感想」

ブレイブフロンティアをプレイした感想を書いていきたいと思います。
テレビCMをみて面白そうだなと思い、さっそくインストールして始めてみました。
最近はどのゲームも凝ったつくりになっていて、慣れるまでに時間がかかったり、それまでに止めてしまったりすることも多いのですが、始めた瞬間にこのゲームもそんな雰囲気だなと思ったのが第一印象でした。
ただ、バトル時の操作が画面のキャラクターをタッチ(一部フリック操作あり)だけでシンプルだったので続けてみました。
仲間同士で攻撃のタイミングを合わせるとダメージがUPしたり、ドロップするものが増えたりと工夫もされていて、バトルに慣れてくるとそれを狙ってタイミングよく画面をタッチするのが楽しくなってきます。その他システム面でいうと、キャラクターのレベルが上がりにくい印象もありますが、大量の経験値を持つ敵が出るダンジョンもあってフォローされていますし、キャラクターのステータスを上げる『装備品』があるのもいいと思います。ただ、容量的なものなのか分かりませんが、敵味方含めグライックの使い回し感があるのが少し残念に思いました。(色違いと微妙な違い)
世界観は悪を倒す選ばれし者(プレイヤー)って感じの王道RPGで個人的には好きです。自分の周りのサブキャラクターとの絡みがもっとあれば、より一層盛り上がってストーリーにも厚みが出るような気がします。好き嫌いはあるでしょうがグラフィックも綺麗ですし、キャラクターの育成やコレクションといった、やり込み要素もありますのでプレイして損はないゲームだと思います。

ブレイブフロンティア ダイヤ